加西市議会議員 深田 真史 (ふかた まさふみ) の活動ブログです。 誇りある日本、希望ある加西を一緒に創っていきましょう!

2016年11月21日

勉強会の講師2016

こんにちは。
いつもお世話になり感謝いたしております。

11月12日(土)、
姫路護國神社にて「日本の法と国柄」をテーマに第6回(最終回)の勉強会が開催されました。



今回、深田が講師をつとめ、
どのような過程を経て、いまの「日本国憲法」がつくられたか解説。





マッカーサーをはじめGHQ民政局による憲法への関与、極東委員会の圧力、
憲法制定にかかわった日本人の無念さなどをお話ししました。

また、衆議院での第9条と「芦田修正」、
貴族院での「文民(シビリアン)条項」挿入の本当の意味についても取り上げました。



今年11月3日、公布から70年が過ぎ、
わたしたちの憲法がどうあるべきか真剣に考えるときが来ていると思います。  


2016年06月21日

選挙権のヘン(2)

こんにちは。
いつもお世話になり感謝いたしております。

6月のはじめ、こんなチラシもらいました。




自治労兵庫県本部が主催。

参院選の足音が近づいた6月4日、鶉野飛行場や網引湿原に訪れたそうです。

後援は加西市、加西市教育委員会、
さらには、兵庫地方自治研究センター、フォーラム平和・人権・環境ひょうご、部落解放同盟兵庫県連合会、在日朝鮮人総聯合会兵庫県本部だそう。


事実に基づいて飛行場の歴史をきちんと伝えたのか疑問です。

また、「共生」や「多様性」にかこつけて湿原も利用された気がします。


そういえば、加西市観光まちづくり協会のFacebookでも告知されていました。

公私混同もいいところです。

加西市って自治労の楽園なんでしょうか。


【参考】
・江崎参院議員(自治労出身)のブログ記事

・自治労→観光まちづくり協会→加西闘争

では、結びに。

6分45秒から見どころ(YouTubeでご覧ください)。  


Posted by kobose at 19:00その他

2016年06月20日

選挙権のヘン(1)

こんにちは。
いつもお世話になり感謝いたしております。

先日の神戸新聞(北播版)に、
ある弁護士の団体が北条高校の文化祭で18歳選挙権をテーマに劇をしたとの記事がありました。

記事には、ブラック企業で働いたり、軍隊に入ったり云々とあり、
いかにも・・・という内容だったようです。
それでまっとうな主権者教育と言えるのか疑問です。

この団体って共産党とかかわりのある団体ではないのですか?

「9条の会」ともつながっているようですね。

これも「北条高校活性化」の取り組みの1つなんでしょうか。


【追記】
いまの憲法の誕生過程において、共産党は憲法9条に明確に反対していました。

「憲法第2章(=9条のこと)は、わが国の自衛権を放棄して民族の独立を危うくする危険がある。それゆえにわが党(=共産党のこと)は民族独立のためにこの憲法に反対しなければならない」(野坂参三氏)と衆議院で発言していたくらいですから。

それなのに、いま「護憲」とか「9条守れ」とか、おかしいですね。


では、結びに。
  


Posted by kobose at 23:00その他

2016年06月19日

鶉野飛行場、加西市へ払い下げへ

こんにちは。
いつもお世話になり感謝いたしております。

とある事情で延期になっていた鶉野飛行場の加西市への払い下げがようやく決まりました。

6月定例会最終日の22日に何らかの議案が出るものと思われます。


【参考】
鶉野飛行場の払い下げに関する質問
(昨年12月議会における質疑応答/加西市議会だよりNo.146 PDFで開きます)  


Posted by kobose at 23:00ぎかいのこと

2016年05月24日

鶉野地区を「日本の鶉野」へ

こんにちは。
いつもお世話になり感謝いたしております。

本日の産経ニュースに
「特攻の歴史」体現する鶉野飛行場 米英が恐れた最新鋭戦闘機「紫電改」も・・・戦後70年経て再評価
と題した記事が掲載されています。

ウェブ限定の記事のようです。

ぜひご覧ください。



【リンク】
鶉野飛行場資料館ホームページ
平成26年10月、オープン

加西・鶉野飛行場展実行委員会Facebookページ
展示会・講演会、戦争遺跡散策ツアーなど定期的に開催しています

鶉野飛行場で編成された神風特攻隊「白鷺隊」におられた栗永照彦さんの講演レポート
3月6日、姫路護國神社での講演。インタビュー動画があります


広島原爆投下を眼下に見た紫電改操縦士がいた!「これは戦争じゃない。虐殺だ・・・」(産経ニュース)
鶉野飛行場で組み立てられた「紫電改」が広島の原爆投下に遭遇した話。
記事では姫路市となっていますが、実際には鶉野飛行場(川西航空機鶉野工場)を指しています。この話は現在発売中の『国会議員に読ませたい敗戦秘話』(産経新聞出版)にも収録されています

※昨年8月の産経新聞朝刊1面にも掲載されています。
街が一瞬で消えた・・・紫電改操縦士が見た原爆の惨禍 トルーマンが突きつけたポツダム宣言の真意とは・・・(産経ニュース)  


Posted by kobose at 19:00その他